肝斑(かんぱん)

肝斑の特徴

以下の特徴をもつシミは、もしかしたら「肝斑」と呼ばれるシミの一種かもしれません。

肝斑の特徴
頬骨のあたりに左右対称にできたシミ
輪郭のぼやけたシミ
妊娠したらできたシミ
紫外線対策は完璧だったはずなのにできたシミ

肝斑の大きな特徴は、左右対称に現れることです。特に、頬骨に比較的広い範囲で現れることが多く、額や口の周辺にもできることがあります。形状は、輪郭がぼやけたものが多く、広範囲に散らばる傾向があります。
肝斑とシミとの大きな違いは、発症する年代にあります。シミは加齢とともに増えていきますが、肝斑は30~40歳代で発症するケースが多く、60歳代以降は自然に消えることがあります。

肝斑の原因

女性ホルモンの乱れが大きく影響

肝斑が発症する原因はいまだ解明されていません。
しかし、30~40代に多く、閉経とともに減少する傾向にあることや、妊娠や経口避妊薬の利用時に肝斑が発症するというケースが報告されていることからなど、「女性ホルモン」の減少や分泌量の乱れが大きく影響しているのではないかと考えられています。

紫外線が間接的に影響することも

肝斑は男性の発症例がなく、シミの原因として有名な「紫外線」は肝斑に直接的な影響をもたらすとは考えにくいといえます。
しかし、紫外線対策によって、シミはもちろん肌全体の不調を予防することができます。
肝斑の治療は肌トラブルが併発している状態ではスムーズに行うことが難しく、肝斑を放置しておくとますます濃く目立ってきてしまうことがありますので、肝斑を放置しないためにも紫外線対策をしっかり行って頂ければと思います。

こすりすぎによる摩擦が影響

お手入れの時に、つい肌をこすりすぎて炎症が慢性化すると左右対称の色素斑(シミ)の原因になると最近言われています。       

ハートライフクリニックの肝斑治療
3つのポイント

浜松の美容皮膚科「ハートライフクリニック」では、熟練の専門ドクターが皆様の肌を診察し、さらに肌の状態を診断する「VISIA」という機器を使って最適な治療方法をご提案させて頂きます。

①あらゆる肝斑治療に精通

通常、肝斑治療は「内服薬」「外用薬」「レーザー治療」の3種類から行います。
しかし、一般的なクリニックでは保険診療のレーザーしか対応していない、内服薬が処方できないなど、肝斑治療に対する治療方法が限られてしまうことが多くあります。
当院は美容皮膚科・美容外科・女性内科という3つの診療科目の中から一人一人に最適な肝斑治療をご提案します。内科として美白や若返りなどの内服薬や外用薬処方ができ、さらに美容皮膚科としてレーザー治療の専門知識と経験が豊富にありますので、肝斑治療としてあらゆる治療法に精通しているといっても過言ではありません。
このように当院で長年多くの肝斑治療に対応してきた当院のドクター陣はいまや肝斑および肌のエキスパートです。これまで行ってきた肝斑治療のノウハウや症例を生かし、今後も最適な治療をご提案できるよう努めてまいります。

②肌診断「VISIA」によって肝斑を正確に診断

肝斑はその形状からしばしばシミと見間違われることがありますが、肝斑治療をシミと同じレーザーで治療を行うと肝斑が悪化してしまう可能性があります。そのため、肝斑治療においては正しい診察をもとにした最適な治療を行うことが重要となります。
当院が導入している肌診断マシン「VISIA」(ビジア)は、UV光によって現在表面化していない「隠れジミ」をチェックすることができる優れた機器です。肉眼では肝斑なのかシミなのか判別しにくい色素沈着でも、「VISIA」で浮き彫りになった隠れジミを含めて肌の状態を分析することで、精密に肝斑とシミを見分けることができます。
浜松(静岡県)のハートライフクリニックでは、肌診断マシン「VISIA」による解析と熟練ドクターによる診察によって、他の皮膚科クリニックよりも正確な診断が可能になるのです。

③肝斑とシミの併発に対応

肝斑でお悩みの方の多くは、肝斑だけでなく普通のシミが併発していたり、しわやたるみ、肌全体の衰えなど肌に対して複合的にお悩みを抱えていたりするのではないでしょうか。
当院ではこうした複合的な肌悩みのある方に対し、肝斑だけを治療して終了することはありません。できる限りすべての不調を改善し、肌全体が若々しく美しくなることを目指し、当院では肝斑やシミ、そばかす、小じわ、たるみなどあらゆる肌悩みに対応できる治療法として「美肌レーザー ライムライト」を導入しております。一般的に肝斑治療ではシミ治療で使用するような強いレーザーを使用してはいけないといわれていますが、ライムライトはロングパルスという肌に優しい光治療が行えますので肝斑もシミも同時に改善することができます。

美肌レーザー ライムライトを詳しく

肝斑の治療紹介

注射
  • プラセンタ薬効は世界中で紀元前から注目され、滋養強壮・不老不死の薬として珍重されてきました。胎児を育てる役割のすべてがプラセンタです。
塗布
  • トレチノイン海外ではシワ・ニキビの治療医薬品として認可され、肌の若返り等で使われています。市販の化粧品より100倍の効果があります。
  • ハイドロキノンシミの原因のメラニン色素を作らせない物質です。今あるシミを美白化していきます。市販の美白製品の100倍の効果があります。
機器
  • ダーマローラーローラーで皮膚に髪の毛位の微細穴(20~32万個)を開けて、各種治療薬を100%真皮層まで浸透させます。
  • アクシダーム針を使わないで無痛で各種薬剤を99%注入できます。脂肪溶解剤やヒアルロン酸など多岐に渡ります。
  • 美肌レーザー ライムライト日本人のために開発された美容医療レーザーです。最適な効果は、しみ・肝斑・老斑・くすみ・毛穴・きめ・赤ら顔・にきびに最適です。
内服
  • 内服薬(美白・若返り)「皮膚は内臓の鏡」と言われます。美肌診断医療器(VISIA)と血液検査で、オーダーメード内服薬で健康的な美肌をつくります。
その他
  • 美容内科(各種栄養注射、各種栄養点滴)「皮膚は内臓の鏡」と言われるように美肌と体の中は同じです。当院では、健康体を作ると同時に肌美人を実現いたします。県下唯一です。
  • 肝斑についての症例写真
  • 肝斑についての料金一覧
  • よくあるご質問

無料相談はこちらからどうぞ

お電話受付時間 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-611079
地域外の方は 053-451-1403