眼瞼下垂治療(手術)

眠たげな目をぱっちりと!まぶたのたるみを引き上げます

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

まぶたの筋肉の眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が弱く緩んだ状態のことをいいます。
眼瞼挙筋が弱いと、古いゴムのように緩んできたり、まぶたを持ち上げられなくて、視野が狭くなり、眠たそうに見えたり、目つきが悪く見えたりします。
頭痛・肩こりの原因の1つでもあります。


施術には、それぞれメリットやリスクがありますので、まずはお気軽にご相談ください。

こんな方に向いています。

眠そうに見られる
目つきが悪く見られる
黒目を大きく見せたい
たるみで視野が狭くなってきた

あなたの抱える長年の悩みが解決できるかもしれません。
1人で悩まずに、一度私達にご相談してみませんか?

当院のおすすめ治療

まずは、ミューラー筋タッキング法(糸による切らない方法)で、殆んどの場合、たるみを解消できますので、体にやさしい方法で明るいパッチリ目を実現しましょう。

ミューラー筋タッキング法=糸による縫縮術

眼瞼下垂は眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の衰えが原因ですが、筋肉自体を鍛えることは難しいため、筋肉を短縮させ弱い力でもマブタを引き上げられるようにします。皮膚切開を行わず、まぶたの裏側からナイロン糸のみで緩んだ筋肉を縮めます。この施術を行うと二重になる・目がパッチリするなど見た目にも変化があります。軽度の下垂に適応があります。

眼瞼挙筋前転法=切開によるもの

皮膚切開をしたのち眼瞼挙筋を前に畳んで縫い付け、緩んだ筋肉を縮めます。この施術を行うと二重になる・目がパッチリするなど見た目にも変化があります。高度の下垂に適応があります。

症例写真


Before

After

施術概要

料金 両目 200,000円~
施術時間 90~120分
術後の通院 切開の場合、7日後に抜糸を行います。
定期検診にいらしてください。(無料)
術後の腫れ 切開の場合、強い腫れは約1週間で殆んど引きます。(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔併用

よくあるご質問

手術後の腫れが心配なのですが…
切開の場合、大きな腫れは1週間で引きます。
内出血は1~2週間かかります。
手術時の痛みが心配なのですが…
麻酔注射(細い針)の時だけわずかな痛みはあります。
手術後にメイクは可能ですか?
切開の場合、抜糸後になります。
手術後にコンタクトレンズは使用できますか?
3日後に使用可です。
もとの状態に戻ってしまうことはありますか?
切開の場合はありません。
しかし、老化による皮膚変化により、重んで見える場合があります。

眼瞼下垂治療をご検討の方へ

効果・経過は個人差がありますので、ご承知ください。
あまりにも理想的な状態・完璧な出来栄えを求めて、何度も施術を行うことはお勧めしません。施術直後は、自己管理が大切です。
ハートライフクリニックからの注意事項をよく守ってください。
年とともにきっと多くの(殆んどの)人がなる症状だと思います。
年だと諦めずに、相談してみてください。
額にしわが寄り、頭痛の原因にもなります。

 TOP  料金一覧  キャンペーン  クリニック概要  症例写真  診療科目

受付時間 10:00~19:00

0120-611079

地域外の方 053-451-1403